スナップエンドウ


【スナップエンドウ(エンドウ豆)】
  • 分類:マメ科エンドウ属
  • 別名:スナックエンドウ
  • 置き場所:日なた~半日陰
  • 難易度:普通
  • コンテナ:大型(深型)

スナップエンドウの野菜の栽培、育て方

スナップエンドウ

スナップエンドウは肉厚のさやとマメの両方を味わうアメリカで育成されたエンドウ。つるありとつるなしの品種があります。
えんどうまめにはほかに、実がふくらむ前の若いサヤを食べるサヤエンドウ、マメをさやから取り出して食べるグリンピースがあります。


Sponsored Link

【家庭で育てやすい種類】
プランターではつるなし種を選ぶとよいです。

【適したコンテナ(プランター、鉢など)】
(つるなし)深さが20cm以上のものがよいです。
(つるあり)深さが25cm以上のものがよいです。

【育てる環境】
生育適温は15~20℃です。寒さに強いので冬越しできます。日当たりの良い場所に置きます。

【栽培の時期】
発芽適温15~20℃。秋の終わりに種をまいて5月ごろ収穫できます。タネまきが早くて大きく育った状態だと寒さで傷んで冬越しできないことがあり、小さいと春になってからもあまり育たないのでタネまきの時期に注意します。

【種蒔き&間引き】
鉢底石を敷き詰めたプランターや鉢に培養土を入れ、表面を軽くならします。
土は容器いっぱいに入れず、ウォータースペースを2cmほどとります。
鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をかけます。
まき穴は水ようかんなどの容器で作るとよいです。容器を押つけて深さ2cmほどのまき穴を20cm間隔で作ります。
1つの穴に3粒~4粒ずつ種をまきます。
土を薄くかぶせて上から軽く押さえ、静かに水をやります。 タネまき時には鳥害に注意します。本葉が出るまでは防虫ネットなどをかけておくと効果があります。
約1週間ほどで発芽します。
発芽して7~8cmになったら、元気そうなものを残し生長の悪いものを間引きし1ヶ所2株にします。(1ヶ所1本にして大きく育てることもできます。)

【苗の植えつけ】
種からでも育てられますが、市販の苗が3月ごろ出回るのでそれを購入して植えると簡単です。
ポット苗の多くは1ポットに3本以上の苗が植えられているので、混み合わないように間引きをして、生育のよい苗を2本残し植えつけるとよいです。

鉢底石を敷き詰めたプランターに培養土を入れます。
ウォータースペースを2cmほどとり、土をならします。
複数植える場合は株間は20cm以上あけて苗を置きます。
移植ゴテ(スコップ)で土に穴を掘った後、苗を人差し指と中指で挟んでポットから取り出します。
掘った穴に苗を入れ、まわりから土を寄せて軽く押さえます。
最後にたっぷりと水やりをします。

【支柱立て&誘引】
スナップエンドウ 支柱立て支柱を立てます。
つるありは2m、つるなしは1mぐらいの支柱を立てます。
実がなってくると株の重さがかかるので支柱はしっかりたてます。


スナップエンドウ 支柱立て 気温がどんどんあがっていくととツルもどんどん伸びてきます。 つるはリングの外側になるように誘引します。



【肥料&土】
花が咲くころと実がつき始めるころに化成肥料を追肥します。追肥のあと土寄せか土が減っていたら増し土をします。

【水やり】
土の表面が乾いたら充分に水をやります。加湿を嫌うので少し乾燥気味に育てますが、さやが出来てきたら水を少し多めにします。

【収穫】
下から順に花が咲いてさやがつきます。スナップエンドウ収穫は開花後約20日~25日後、さやが十分に肥大してマメが太ってきた頃に収穫します。
グリンピースは開花後30~35日、サヤにしわが出始めたころに収穫します。

【害虫対策】
アブラムシ、ハダニ、ハモグリバエなど。
防虫ネットをするとよいです。
スナップエンドウ スナップエンドウ

粘着力のある黄色の捕虫シートを使う方法もあるそうです。
ハモグリバエとアブラムシが好む色は黄色。
黄色の捕虫シートをネット内につるせば中に入ってしまった害虫も捕獲する事ができます。
スナップエンドウ 害虫対策 スナップエンドウ 害虫対策 

【注意すること】
連作と酸性土壌を嫌います。

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ