市販の培養土

Sponsored Link


市販の培養土

野菜を作るにあたって土は重要です。
野菜をつくるのによい土とは「通気性」「排水性」「保水性」などに優れた土です。
そして植物の生育に必要な養分がたくさん含まれていて、腐葉土や堆肥などの有機物が適度に含まれているものがよいです。有機物は土の資質を改良し、通気性や排水性をよくする働きがあります。

「赤玉土」「腐葉土」「鹿沼土」などさまざまな種類の土の資材が売られています。
植物を育てるにはそれらをブレンドして使いますが、初心者は用途に合わせてすでにブレンドされている培養土を購入すると楽です。
培養土ならすぐに種をまいたり、苗を植え付けることができます。
「鉢・プランター用」「野菜栽培用」など植物やコンテナの種類に合わせて配合されています。さらに葉もの野菜用や果菜用など目的に合わせた培養土もあります。
また、市販の培養土には肥料があらかじめ配合されているものとされていないものがあります。配合されていない培養土は、植えつけるときに元肥を入れる必要がありますので、 購入するときは袋に書かれている内容をよくみて目的にあった培養土を選びます。


慣れてきたら、単体の用土を自分でブレンドして使うのもいいですね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ