水やりの方法

Sponsored Link


水やりの方法

水は与えすぎても少なすぎてもよくありません。
水やりは、土の表面が乾いてからたっぷりとあげるのが基本です。
土が乾かないうちに水をかけていると、コンテナ内はいつも湿った状態になり、土の中の酸素が不足して、根が呼吸できなくなりそれが続くと根ぐされを起こしてしまいます。植物にとっては乾いている状態も必要です。
乾いた状態と水がたっぷりある状態のメリハリをつけることが元気に育てるポイントです。

トマトやナスなど再日期間が長いものは何度も水やりをしていると土の表面がかたくなってきます。そうすると土のなかに水がしみ込みにくくなります。ですので、ときどき土の表面をを割りばしなどでつついてやわらげてあげるとよいです。

夏に水をあげるときに気をつけるのは、水をやる時間です。
日が当たっているときに水をやると、土に含まれた水の温度が上がって根が弱ってしまいます。水やりは早朝か夕方、気温の低い時間帯に行います。
また、冬は気温が低い早朝や夕方の水やりは避け、気温が上昇してきた午前中に行います。


水やりの仕方は生長過程によっても変わってきます。

【育苗中の水やり】
種まきから植え付けまでの育苗期間は水を切らさないようにすることが大切です。土が乾いたらすぐにやります。種が流れたり苗を傷つけないようにやさしくあげます。

【生長中の水やり】
植えつけ後は茎が伸びる時期なので治療の水が必要です。土の表面が乾いたらたっぷりとやります。

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ